みのりある毎日を過ごすために

女性として・母親としての育児・仕事のこと、日々の生活でちょっこっと為になるブログ

安全対策

家族の為に地震対策。防災グッツの用意を

2016/12/19

地震対策。

家具を固定したり物が簡単には落ちてこないようにするなど様々ありますが、その中でも一番準備しやすく、地震があったときに一番役に立つだろうと思われる「防災グッツ」について書きます。

 

防災グッツありますか?

あなたのお宅は地震対策グッズの用意はありますか?万全ですか?

地震が来る可能性については所説ありますが、地震大国の日本に住んでいる以上は万全の対策をとっておきたいものです。

 

私は地震対策というものを何一つしていませんでした。東日本大震災の時、報道を通じてあれだけ大変な思いをされていたのを知っていたにも関わらず、対策をとっていませんでした。どこかで「わたしは大丈夫」という気持ちがあったのかもしれません。本当に恥ずかしい限りです。

そんな中、TVで「震災のその後」というニュースを見て、一念発起。本腰を入れて防災対策の準備をしようと思いました。

 

ちなみに防災対策グッツを持っているか、会社の同僚や友達に聞いてみました。しかし残念なことに私だけでなくその場にいた、8割の人は対策をしていませんでした。。

 

理由としては

「しなきゃしなきゃと思ってはいるけど・・・」

「やらなきゃいけないよねーいつか地震来るよね」

(直観ですが、この人は準備しないだろうな)

 

対策をしていた人はというと

「東日本の報道がたくさんしていた時に避難グッツは買ったけど、今どこにあるかなー」

「缶詰を買ってあるよ」(後日談、賞味期限が過ぎていたようです。あかんやん)

と対策をしていてもこんな感じでは地震がきても役に立たない。

 

私の周りには防災グッツを購入している人は少なかったけど、あなたはどうですか?

 

防災グッツは何が必要?

地震対策グッツとして何が必要か、いまいちピント来ない私。

ざーっと調べてみると必要なものはコレ

飲料水(500mlペットボトル数本)
非常食(菓子類・ゼリー状の食品)
医薬品(消毒薬、三角巾、胃薬、解熱薬など)
簡易食器セット(家族分)
衣類(防寒具)懐中電灯
携帯ラジオ 電池 現金(10円玉も)
貴重品
ローソク・マッチ・ライター
ロープ・ビニールシート・雨具
ナイフ、ハサミ、タオル(大小)
洗面道具(旅行用で可)ウェットティッシュ ビニール袋
携帯電話用バッテリー、コンパス、筆記具

 

コンパスいる?ちょっと疑問もあるけど、大体このくらいの量は必要なんですね。

 

私が購入したのは「地震対策30点避難セット」

家にある鞄に上記のものを個々で買って詰めて準備すると安いかもしれないけど時間がかかる。育児真っ最中なので、時間もお金同様大事。なら、防災グッツが鞄に入っている既製品を購入しようと思い、楽天で探しました。

bousaiguttu
見つけたのはコレ「地震対策30点セット」価格は19,800(税込)です。

 

 

なぜこれにしたかというと、

 

①バッグの重量が約5Kgで女の人でも持ちやすいこと

地震になったら、子供を抱きかかえなきゃいけないはず。そんな時にあまりにも重いバックだど身動きがとれないかなと予想。

 

②バック自体に防火機能がついており、火事のときも安心

サイトにはこんな比較画像もありました。これをみて、うぉーと思ったのは私だけ?

boukahikaku

 

③バックがスリム且つおしゃれで玄関先に置いても絵になる

サイズ:290×385×130mm、見た目はこんな感じ

bousaiguttu

ほらね、オシャレでしょ。

横や後ろの画像ものっけちゃうよ。

yoko

uchiro

シンプル is Best だわ。

 

④中身が厳選されていること

手回し充電器・水・カンパン・アルミブランケットなど、被災者の声を元に防災士が厳選した防災グッズが30種類入っています。

 

nakami

いいでしょ。

 

ということで、私は玄関に置いています。もちろん、このバックの中身だけでは家族3人分を賄うことはできませんが、避難場所までしのぐのであれば問題ないかなと思います。

 

ちなみに、私はこれだけでなく長期保管ができる食料も同時購入しました。こちらはまたの機会にでも紹介しますね。

お子さんがいる家庭であれば是非もっていて損はないと思いますよ。

-安全対策