みのりある毎日を過ごすために

女性として・母親としての育児・仕事のこと、日々の生活でちょっこっと為になるブログ

悩み(3~4歳) 育児の悩み

子供に絵本を片づけさせる方法

みのりです。

今日は年々増え続ける絵本を子供自身で片づけさせる方法を紹介します。

これはみのり宅にて成功した例です。子供の性格もあるかと思いますが、一度試してみて

 

現状はというと・・・

2歳くらいから、バシバシ絵本が増えていきました。片づける場所は、おもちゃ箱へドンドンIN!でも年々本のサイズがバラバラになります。

 

2歳→手のひらサイズ正方形の絵本が殆ど

3歳→A4サイズくらい&手のひら正方形サイズ(日本むかし話系)

4歳→A4サイズの絵本&ひらがなや迷路・数字などお稽古系のドリル

 

こんな感じでサイズどころか、ドリルは絵本よりも素材が柔らかいので収拾がつかない。

 

 

なので、捨てようとすると「だめー!」と怪獣あらわる

なので、そーっと捨てようとごみ袋に入れると「○○の本はどこ?」と名探偵あらわる

 

 

ちぇっ

 

 

しかもそういうときに限って、母や兄弟から誕生日に絵本を貰うよねー

ますます絵本であふれかえります。。

 

そして散らかした後、片づけない!!

「ママ、片づけて^^」

 

 

ちーん

 

 

ということで、どうにか子供が片づけたくなる環境・思考になるように考えました。

 

 

まずは本棚を買おう

本棚を買いました(当たり前か)。本の帰る場所が明確になることで、子供にもわかりやすかったようです。

 

「本の寝る場所はここだよね」そんなかわいいことも言ってました笑

 

そして、片づけるときは”背の順”だよと教えました。保育園や幼稚園に入学するタイミングで背の順は教えてもらえるので、わかりやすかったようです。

 

すんなりサイズ合わせ完了

 

子供に片づけしたくなるようにさせる方法

私がよく使っている方法は3つ紹介しますね

上から順に試してみてください。下にいくほど、効果テキメンなはず。

 

歌いながら片づけ

uta

歌を歌いながら片づけます。毎回その日の気分で何か歌をチョイス。

私が歌いながら片づけをしていると、ふらーっとやり始めてくれます。

 

この方法は、子供の機嫌がそこそこよく、且つちょっとは自分で片づけよっかなーと思っているときじゃないと効果はないかも。

 

 

よーいドン片づけ

fue

「どちらが多くの本を片づけることができるか競争だよ、よーいドン」といって、躊躇なく競争を始めます。

 

最終的には必ず子供が多く片づけれるように、ちょっと力を抜いてね

 

そして最後の決め台詞は「そんなに沢山の本を片づけれたのーすごーい!!ママの負けだーパチパチ」

 

「いえーい、俺の勝ちー!」

 

 

(私の心の声)うおっしゃ!きれいになったぜ

 

 

忍者の修行だ、片づけの術

ninjya

少し前にやっていたニンニンジャーの名残から、忍者の修行と称した片づけが一番効果テキメンです。

「では、これから修行を始める。忍者たるもの、お片付けが出来なけれは一人前の忍者とは言えない。これからできる限り素早くお片付け始めるのじゃ。ではよーい始め!」(ちょっと太めの声で、忍者の先生らしさを出してね)

 

すぐ始めます

 

 

単純万歳

 

 

 

どの家庭でも1つくらいは子供のやる気スイッチを押す方法があると思います。

どんな方法にしても、「単に叱って片づけさせる」というよりもゲーム感覚で楽しく片づけさせることが一番かなと思います。

 

 

まあ何といっても、うちの場合は「片づけたら、お菓子食べよー」が一番効果のある言葉かもしれない・・・笑

-悩み(3~4歳), 育児の悩み