鈴木おさむさんもハラハラ!ほんの数秒!振り返ると子供が居ない!

子供とおでかけをすると、子供がつないだ手を放して走っていってしまうことはありませんか??(うちはほぼ毎回)

鈴木おさむさんのブログの「いない??」というタイトルの記事を見て、ドキっとして、ハッとした思いになりました。

私が感じた思いを共有して、少しの間でもいいから、ママであるあなたの行動が変われば嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

全てのママが1度は体験する!子供を見失ってからでは遅い!

放送作家の鈴木おさむさんの「いない??」というタイトルのブログ。

これを見たとき、本当にヒヤリとしました(@_@)

 

いない??|鈴木おさむオフィシャルブログ「放送作家鈴木おさむのネタ帳」Powered by Amebaいない??|鈴木おさむオフィシャルブログ「放送作家鈴木おさむのネタ帳」Powered by Ameba 

 

ざっくり言うと、ドン・キホーテに行ったときに子供を見失ってしまって焦ったとのこと。

鈴木おさむさんのブログでも書かれていましたが、大人であればきっと気づくかもしれない所でも子供の身長だと物陰に隠れてしまって見えないなんてことも多々あります。

それがほんの数十秒でも親としては焦りますよね!!

 

ブログのコメントにもいろいろと書かれていました。みなさんひやっとした経験を色々されていますね。

 

10分でも焦りました。そして、人生初の迷子のお知らせをしました。麦わら帽子被ってて良かったーと思いました。
もし、店の外に出てたらどうしよ。という焦りと、広い店内をひとりで探すには時間がかかるという判断をして、迷子のお知らせ。

本人はけろっとしてましたが私は半泣きでした

 

パルケ・エスパーニャって知ってますか?
テーマパークなんですが、人形の小屋のミニチュア版(子供くらいの背はある)の中にいた三才次男、いない~!と思って園内を走り回りました!園内には川もあるので落ちてたら…!と気が気じゃなかったです。心臓がゾッとしました。

 

わかります!!

 

見つかった時、子供はケロッとしていて、ママどうしたの?的な顔で見てくる始末。

こっちは冷や汗タラタラもんなのにー!!

 

恐怖!私の地域であった本当の話。

これは私の地域で本当にあった話。

ぞくっとする話です。

 

以前、近所で子供を連れ去る事件が起こりました。ママ友に話を聞いたら驚愕の事実が。

 

スポンサーリンク

 

 

大型のショッピングモールへお買い物に来たママと保育園に通う4歳の男の子。

子供がお菓子を買いに行くと1人で行ったそうです。

目を離したのはほんの数分のこと。

ママがお菓子売り場に着いたときにはお子さんがいなかったそうです。

ママはとても焦り店内を探したそうです。

 

必死で探した甲斐があり、子供は見つかりました!

 

その時ママの目の前で起こった光景が恐怖でした。

 

我が子を全く知らない他人が抱きかかえていたそうです。

 

あまりに普通に抱きかかえており、ママは固まってしまったそう。

数秒後、我に返り子供を抱きかかえている人に声をかけました。すると、

「間違えました」と言って子供を置いて去っていったそうです((+_+))

 

ママは子供が無事で良かったと言う気持ちでいっぱいで、犯人を追いかけることはしなかったそうです。

一体それが誰だったのかその目的で子供を抱えていたのかわからないままとなっています。

 

 

 

この話を聞いて、ゾッとしました。

というか、間違えました!とかあり得ないでしょ!!

 

ある程度何回か行っている場所であったりすると、ママもここだから大丈夫だという気になってしまいがち。

気も緩みが出てくるかと思います(これ、わたしだわ)

 

ただ数分もしくは、ほんの数秒のことで子供の身に何か起こってしまうことがあります。

すぐに子供が見つかるケースが殆どだと思いますが、中には残念にな結果になってしまったケースもあります。

 

母親が目を離した隙にいなくなり、近くの川でおぼれる。

大きなショッピングモールの駐車場で事故に遭ってしまう。

 

テレビやネットでニュースを見るたびに、自分も気を付けなきゃと思われる人も多いかと思います。

私もそういうタイプです。

 

この記事を見て、(わたしも含め)少しの間だけでも気を引き締めてもらえればいいかなと思います。

 

 

おでかけは家に帰るまでがおでかけです。

子供の手は離さない!!

 

いっしょに楽しいおでかけをしましょうーね☆

スポンサーリンク


幼児に関する情報はこちらにも!参考になりますよ(^^)

にほんブログ村

岐阜のことなら、こちらからどーぞ☆



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

*